本州の友人からよく、北海道では冬の間、雪の上をどうやって歩く(または車で走る)のですか? と質問されるのですが・・・・。

車の通る雪道はこんな感じです。    

ちゃんと除雪車が毎朝雪を除雪してくれるので、入れますよ♪
 でも、やはり冬道は滑りやすいし、写真のような圧雪状態ならまだ走り易いですが、すこし陽が照り表面の雪をすこし溶かし、スケートリンクのようにツルツルになる時は要注意です。
 一年に一度や二度は誰でも車が半回転したり、路外にはみだしたりします。笑(笑い事じゃないんですけどね!)

大粒の雪が降っているの見えますか?

 また、雪が降り積もった次の日が晴れたりすると、雪の野原には動物達の足跡がたくさん見れます。
 我が家(塚田宅)は郊外の山の中なのでなおさら。
 鹿、エゾユキウサギ、野ねずみ、キタキツネ・・・etc

この足跡は何の足跡かわかりますか?

エゾユキウサギの足跡

 そう、エゾユキウサギです。家の周り中いっぱい足跡がありますが、なかなかその姿は見つかりません。何故なら、彼らは夜行性で、しかも夏は茶色の毛に覆われているのが、冬になると耳の先から足まで真っ白な毛に生え変わるからです。
 ときどき運良くみかけることもできますが、とてもカワイイですよ!!